2019年08月27日

トランプ大統領は、日米安全保障条約の破棄を本気で考えていない。日米安全保障条約を盾に、米国の軍事商品を日本に購入しろ、というのが狙いである。

2019/7/5付けの大前研一さんの「ニュースの視点」(発行部数 161,147部)は今週のニュースの視点は、「参院選/日米安全保障条約〜トランプ大統領の本当の狙い」と題する記事である。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.日経新聞は先月24日、立憲民主党と国民民主党が7月の参院選の公約で、家計や消費を重視する政策を前面に打ち出したと紹介。自民党が外交・安全保障を安倍政権の実績として強調しており、同分野が争点になるのを避ける狙いがあるとしている。参院選に向けた野党の動きを見ていて、全くお話にならないと感じる。社民党は無責任にも「最低賃金の引き上げ」などを口にしているが、具体的な実現案もない絵空事に過ぎない。
2.その上、政策で競うと言いながら、候補者にはタレントが多く、とても政策に力を入れている姿勢とは思えない。G20で安倍首相が大きく傷つくこともなく、このまま参院選も自民党が勝利する流れになっている。そうなった場合、自民党は国民に「改憲を問う」ことになるが、大いに懸念を抱いている。憲法9条ばかりに固執して、憲法の全体像を捉えていない議論が展開される可能性が高いからである。
3.大前氏は2016年に著書「君は憲法第8章を読んだか」において、憲法9条以外についても憲法の全体像を示した。しかし、自民党にしても野党にしても、いまだに「自分たちなら、こういう憲法にする」というものを示していない。憲法9条だけでなく、全体像を理解し、その指針を示すことができなければ、「改憲を問う」意味はない。
4.米ホワイトハウスは先月28日、大阪市で行われた日米首脳会談を受けて、「日米同盟に基づく世界規模での協力を深化させ拡大させていく意向を確認した」と声明を発表した。トランプ大統領がこの数日間、日米安全保障条約を含む主要国との同盟関係に不満を示していたのを受けたもので、同盟諸国の懸念や不安を払拭したい考えとのことである。
5.憲法への不理解という意味では、トランプ大統領の発言・行動も、その典型例である。トランプ大統領の主張は、日本は日米貿易で利益を出している一方、安全保障については米国に頼り切っているのは「不公平」だというものである。日米安全保障条約に基づき、米国は日本が攻撃を受けたら救済に行く必要があるが、逆のときに日本は「知らん顔」をすることができる、というのである。トランプ大統領は全く理解していないのに呆れるばかりである。
6.米国が日本を占領した際、日本に二度と戦争をさせないために、紛争解決の手段としての戦争を永久に放棄するように日本国憲法に記させたのは米国駐留軍である。ここから、全てがスタートしている。そして、サンフランシスコ平和条約の後、日米安全保障条約を締結し、米国が日本の安全保障を約束する代わりに、日本は米軍の駐留を認めるなど応分の負担をするということになった。こうした米国主導とも言える背景を無視して、いまさら不公平と言われても日本としてはどうしようもない。
7.トランプ大統領としても、日米安全保障条約の破棄を本気で考えているわけでもなく、そのような発言はない。日米安全保障条約を盾にして脅しながら、米国の軍事商品を日本に購入しろ、というのがトランプ大統領の狙いである。
8.G20で大阪に滞在した短い時間の中で、トランプ大統領は他の国についても同じ趣旨の発言をしていた。記者が殺害された事件などで関係が悪化していたサウジアラビアについても、ムハンマド皇太子を批判することはなく、米国製兵器を大量購入してくれたお客様という姿勢を示していた。
9.貿易不均衡で揉めている中国の習近平主席に対しては、米国の農民が困っているので米国産の大豆などを大量に買ってくれと要求していた。トランプ大統領の判断基準は、すべてお金である。米国にお金を払ってくれるなら良い人、米国にお金を払わせるなら悪い人、という図式である。このような人物が、米国の大統領を務めているというのは、驚くべきことである。ところが、トランプ劇場の空気の中で再選する可能性もあり、米国民にしっかりと大統領を選ぶ目を持ってもらいたいと願うばかりである。
10.トランプ大統領の日米安全保障条約に関する発言は、低レベルでまともに受け止める必要はないが、日本国内でこの発言を歓迎している人たちもいる。「右派」や「安倍的」な考えの人たち、そして軍事産業やその周辺に関わる企業である。日本が単独で安全保障を維持することになれば、防衛予算の急増が必要であり、三菱重工、小松製作所などのメーカーは大いに歓迎するかもしれない。三菱重工は面倒なMRJの開発など即座にやめることができるし、小松製作所もブルドーザーではなく戦車を製造するであろう。東芝も、防衛機器で大いに活躍できる。


yuji5327 at 06:29 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード