2019年10月20日

多くの民族や宗教、言語が混在し、紛争や戦争が絶えなかった。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボは、第一次世界大戦の引き金となった場所である。


「池上彰と増田ユリヤ著:彼は英雄かーボスニア・ヘルツエゴビナ、PRESIDENT、2019.9.13」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.バルカン半島は「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれてきた。地政学的にアジアとヨーロッパを繋ぐ要衝で、多くの民族や宗教、言語が混在し、紛争や戦争が絶えなかった。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボは、第一次世界大戦の引き金となった場所として有名である。
2.1914年にオーストリア:ハンガリー帝国の皇位継承者夫妻がこの街を訪問中、ボスニア系セルビア人の7人の青年によって暗殺された。オスマン帝国の力が衰えていたこの当時、バルカン半島はオーストリアの支配下にあった。この「サラエボ事件」をきっかけに、オーストリアが当時のセルビアモ国に宣戦布告。双方の同盟国が、続々と参戦した。
3.我々は世界史の教科書で、セルビア人の民族主義者がテロを起こしたせいで第一次世界大戦が勃発した、と教わった。ところがセルビア人にとっては、彼らはオーストリアなど外国による統治に抵抗した英雄である。セルビア人には、「大セルビア」という民族統一の強い概念がある。
4.隣国セルビアの首都ベオグラードの公園に立っている銅像は実行犯となった、ガブリロ・プリンツィプという当時19歳の青年で、4年後に獄中で死亡している。生花の赤いバラを持って立っていた。セルビア諸で「歴史に名を残す人か生まれてくれてありがとう」という趣旨のことが書いてある。日韓でも同じように、伊藤博文を暗殺した安重根も日本ではテロリストと呼び、韓国では民族的英雄と呼ぶのは同じ構造である。この銅像の場所で大学生風のカップルに聞いたら、知らなかった。どの国でも戦争に関する考え方や自分の国の歴史を声高に語る人がいる一方で、若い人たちの意識は違ってきている。
6.第二次世界大戦後のサラエボは、社会主義のユーゴスラビア連邦人民共和国に属するボスニア・ヘルツェゴビナ人民共和国の首都ヒして発展した。84年には、冬李オリンピックも開催したくらいである。そのあと、悲惨な内戦が勃発した。東西冷戦が終わって、91年からユーゴスラビア連邦の解体が始まった。ボスニア・ヘルツェゴビナに住むセルビア人はユーゴ連邦に留まることを望んだが、クロアチア人やイスラム教徒のボシュニャク人が92年に独立を強行した。セルビア人たちは、「ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人共和国」を名乗って分離を宣言した。双方の間で武力衝突が始まった。
7.サラエボでも激しい戦闘が行われて、たくさんの死者が出た。内戦の犠牲者の墓地は、オリンピック競技場の跡地である。イスラム教徒は土葬するので、公園や空き地がどんどんお墓になり、ついにオリンピックの会場だったところまでお墓にした。いまも丘を上ると、あちこちに白いまとまりが見えるが、それはみんな墓標である。
8.紛争は国連の調停で95年に終った。今はボスニア・ヘルツェゴビナという共和制国家で、歴史的に、北側はボスニァ.南側はヘルツェゴビナと呼ばれている。この国は2つの自治共和国から成り立っている。ひとつは「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」で、クロアチア人やボシュニャク人の国である。もうひとつは「スルプスカ共和国」で、セルビア人の国である。内戦が終わっても両者は分断されたままで、住む場所も完全に分かれている。9.サラエボから山を越えた南側は、スルプスカ共和国の首都・東サラエボである。看板を見ると、山を越える手前はラテン文字(アルファベット}で、山を越えた先はキリル文字になっている。通貨単位は同じマルクである。しかし、お札の色や文字は違うし、肖像画も別々だが、どちらの国でも使える。
10.もともと旧ユーゴスラビアは、「7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家」と形容されるほど、複雑な成り立ちである。現在は分離独立して、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、北マケドニアの6力国になっています。スロベニアはトランプ大統領の夫人メラニアさんの山身地で、小さい国である。首都はリューブリャナ。トランプ大統領と結婚したばかりの頃、メラニア夫人の最終学歴はリュブリャナ大学卒となっていた。首都の名前を冠する大学だから、日本で言うと東京大学に当たるがトランプさんが大統領選挙に出馬し途端、リュブリャナ大卒は経歴から消えていた。


yuji5327 at 06:24 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード