2019年11月11日

ゴラン高原は隣国シリアの領土だが、1967年の第3次中東戦争でイスラエルが不法に占領して、81年に併合を宣言した。国際社会は認めていないのに、イスラエルは居座り続けている。


「池上彰と増田ユリヤ著:トランプ高原が誕生:ゴラン高原、PRESIDENT、2019.10.18」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.ゴラン高原を取材した。ゴラン高原は隣国シリアの領土だが、1967年の第3次中東戦争でイスラエルが不法に占領して、81年に併合を宣言した。国際社会は認めていないのに、イスラエルは居座り続けている。
2.ゴラン高原を占領した大きな理由は、名前の通り高原だからである。ここにシリアがミサイルや大砲を置けば、イスラエル国内は攻撃されやすくなる。安全保障上、落ち着かないので押さえてしまおうと考えた。本当に見上げるような高原で、高いところは標高2800mを超える。
3.もうひとつの理由は、ここがヨルダン川の水源で、イスラエルの農地を潤しているからである。イエスが湖面を渡ったと伝わるガリラヤ湖の水源も、このゴラン高原にある。新約聖.書の聖.地なので、信仰の篤い人たちには大事な場所である。
4.そういう身勝手な理由での占領だから、国連ではイスラエル非難決議が採択されて、H本も賛成した。シリアとイスラエルが紛争にならないように、ゴラン高原には現在も国連PKOの「兵力引き離し監視隊」が駐留している。日本の自衛隊も派遣されたが、戦闘になったときに巻き込まれると困るので、他国の部隊に水や燃料を運ぶ仕事だけを担当した。シリアの内戦.が激化して、ロケット弾が間違って飛んでくると、危険だというので撤退した。
5.白い線で国境が示され、シリア、イスラエルに分けられる。イスラエルが占領したほうは発展していて、シリア側は荒涼たる原野である。イスラエルは、ユダヤ人の入植をどんどん進めているからである。国内を車で移動すると、似たような光景があちこちで見られる。例えば、原野の中にポツンとまとまった緑と住宅があるところは、大抵がユダヤ人の入植地である。ゴラン高原の辺りは、もともとシリア領だから、シリア系のイスラム教徒も住んでいる。
6.占領されたときにシリア側へ逃げずに、そのまま留まったアラブ人である。入植したユダヤ人2万5000人に対して、シリア系アラブ人の住民は2万4000人といわれる。ゴラン高原に住む若いアラブ人の10%くらいが、イスラエルのパスポートを取り始めている。内戦で政情.不安定なシリアよりも、イスラエル人として生きるほうが安定した将来を見込める。
7.イスラエルで暮らすアラブ人は、国籍を取得しても兵役の義務がない。軍隊に入れたら、機密がパレスチナ側へ漏れる懸念がある。前線で後ろから撃たれるかもしれない。
8.ゴラン高原にはドゥルーズ派というイスラム教徒が住む村が4つある。ドゥルーズ派の教義は独特で、アッラーは信じるけどコーランは使わず、メッカを聖地とみなさず、断食は義務ではなく、人から人への輪廻転生を信じる。本来のイスラム教とはかなり考え方が違うし、少数派なので、他派から虐げられてきた歴史がある。
9.スンニ派からいじめられて、シリアの端にあるゴラン高原やレバノンに逃げ込んだ。弱い立場でいたところを、結果的にイスラエルが助けてくれた。だから、イスラム教徒なのに親イスラエルで不思議である。
10.そこで4つの村のひとつ、マジュダルシャムスの村長に取材する約束をして、高速道路を飛ばして行った。せっかくの機会なのに、出迎えてくれた30代の若い村長は、真新しいスーヅ姿で、嬉しそうに「取材には対応できなくなった。今からトランプヒルの記念式典に出かけるから」と言った。
11.去年5月にアメリカのトランプ大統領は、国連が首都と認めていないエルサレムにアメリカ大使館を移転きせた。今年の3月には、ゴラン高原の主権はイスラエルにあると認めた。イスラエルのネタニヤフ首相はそのお礼として、ゴラン高原に新しくつくる人植地の名前を「トランプ高原」と命名した。その式典が行われたのが、6月16日。ネタニヤフ首相も出席して、「これまで誰も認めてくれなかったゴラン高原の主権を承認してくれた、初めての指導者だ」と挨拶した。
12.情澱が漏れないようにしていたらしい。村長の代わりに、助役の方が収材に応じてくれた。この男性もシリア系です。内戦のときにイスラエル人に助けてもらった経験があり、とても親イスラエルだった。
13.ドゥルーズ派は信頼されているから、他派のイスラム教徒と違って、義務ではないものの兵役もある。マジュダルシャムスでは、若者が兵役に就く率は低いが、ほかの村では高い割合で行っている。ひと口にイスラム教徒といっても、さまざまである。


yuji5327 at 06:41 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード