2020年02月20日

心房細動基質の原因は変性で、その場所を明らかにし、そこを焼灼すると、持続期間の長い慢性心房細動でも治癒できる。


「桑原大志著:発作ゼロ・再発ゼロをめざす心房細動治療、 幻冬舎 2016.11.15」参考になる。第3章 発作の恐怖と決別する。完治を目指すカテーテルアブレーションとは」の概要の続きは以下の通りである。
1.心房細動基質の原因は「変性」である。この方法により、変性したところを明らかにし、そこを隔離、もしくは焼灼すると、持続期間の長い慢性心房細動でも治癒する可能性がある。著者は、1年以上前から、この方法を用いてアブレーションを行っているが、10年以上の持続期間を有する心房細動でも、まだ1年未満の経過観察だが、60%以上の患者が再発もせず、良好な経過をたどっている。
2.カテーテルアブレーションカテーテルそのものは、高周波通電中に高温になるので、カテーテルの先端に血液が凝固する可能性がある。そのために安全対策として先端がある一定温度になれば、通電が自動的に停止するシステムがついている。しかし、そのために焼灼が必要なところでカテーテル先端温度が上昇してしまい、高周波通電が停止し、十分な治療ができないことがあった。
3.そこで開発されたのがイリゲーションカテーテルである。これはカテーテルの先端に複数の小さい孔があいており、そこから少量の生理食塩水を噴射し、カテーテル先端を冷却しながら通電するという機能を備えたカテーテルである。最近では、先端の孔が56個もあるイリゲーションカテーテルが開発された。効率よく水を噴射しながら通電できるため、カテーテル先端温度は上昇しない。血栓もほとんどできないので、合併症のリスクを減らせる。無症候性脳梗塞もこのカテーテルを使用することで、その発生率は極めて低くなり、安全性向上に寄与している。
5.もう一つ、最近広く使われつつあるカテーテルに、コンタクトフォースカテーテルと呼ばれるものがある。カテーテル先端がどの程度の力で心筋に当たっているかが分かる。このカテーテルの出現は、私にとってコペルニクス的転回というほど、アブレーション方法に劇的な変化をもたらした。
6.カテーテルアブレーションの重大合併症の一つは心タンポナーデである。原因の多くは、カテーテルを強く押し当てすぎることか、心臓が焼けすぎることである。心タンポナーデを心配しすぎてコンタクトが弱いと心筋は十分に焼灼されず、アブレーション効果も低くなる。このコンタクトフォースカテーテルを適切に使用することで、適度なコンタクトを維持しながら、また、焼けすぎも回避できる。このカテーテルの出現で、今まで手先の感覚頼りだったものが数値化でき、効果と安全性が飛躍的に向上した。
7.インピーダンスとは抵抗という意味だが、電流と電圧と抵抗はある一定の決まった規則の中で動いている。アブレーションカテーテル先端から電流を流し、それが体を通って、外部の機械に到達する際に、カテーテル先端と機械の間の電流と電圧が分かると、その間の抵抗(インピーダンス)も分かる。焼灼中にこのインピーダンスはリアルタイムで測定している。高周波通電により、効率よく電気が流れ、心筋が十分焼灼されると、インピーダンスが低下し、インピーダンスの低下は、心筋が焼灼された程度を表している。
8.実際の焼灼中には、コンタクトフオースとインピーダンスの変化とアブレーションカテーテルの位置を観察している。インピーダンスの低下の度合いが少ないならば、コンタクトを強める。コンタクトを強めすぎると、カテーテル洗端の位置がばたつき安定しなくなることがある。その場合はコンタクトを弱め、流す高周波の電流を大きくする。このように、アブレーション中には複数の因子を同時に観察しながら、カテーテルを操作している。



yuji5327 at 06:30 
健康 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード