2020年05月23日

日本の都市鉱山に存在する金は、世界の埋蔵量の16%の6800トン、銀は22%の6万トン、都市鉱山の希少金属回収は、資源小国日本の生命線である。

「鎌田浩毅(京都大学教授):産業の「ビタミン」レアメタルが偏在するワケ、
週刊エコノミスト 2020.5.26」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.鉱物資源が世界のハイテク産業に大きな影響を与えている。いま話題の電気自動車(EV〕など次世代自動車には多種類の希少金属〔レアメタル〉が使われるが、その安定供給には課題が山積している。「産業のビタミン」と呼ばれるレアメタルの地学を見てみる。
2.レアメタルはその名の通り埋蔵量が少なく、ハイテク製品に不可欠な金属を指す。クロム、マンガン、インジウムなど30元素と、レアアース(希土類)1つを合わせた31種類の金属が、経済産業省によってレアメタルと定義された。このうちレアアースは17元素の総称で、レアメタルでは1種類とカウントされる。
3.化学的な性質が類似するため、レアメタル1つとして扱われる。レアアースの中身は、ランタン、ネオジムなどランタノイドと呼ばれる15元素に、イットリウム、スカンジウムの2元素を加えた合計17元素である。
4.世の中にはレアメタルとレアアースは異なる物質のような誤解があるが、レアアースはレアメタルの一部なので、一緒に理解すればよい。いずれも合金や触媒の添加物として必須の物質で、「産業の生命線」を握っている。
5.レアメタルは埋蔵最と含有量が少ないため、単体として取り出すには精錬コストが極めて高くなる。しかも、元素の密度が高く集積する条件を地下に備えた限られた地域で
しか産出せず、中国〔レァァース)のほかコンゴ民主共和国やザンビア〔コバルト)など新興国に集中している。さらに、レアメタルを使った新素材が作られると、その元素が投機の対象となり価格が急騰するといった現象も起きる。供給基盤が安定しない問題を常に抱えている。
6.経産省によればレアアースの埋蔵量は世界全体で約900万トンだが、その半分以上が中国にある。特にEVや携帯電話の材料として不足気味のネオジムやジスプロシウムは価格がしばしば高騰する。この2つは中国が産出量の9割を占めており、2010年に中国が輸出禁止措置を取った際には世界中に衝撃が走った。
7.中国のレアアースは、マグマが地下で冷え固まった花崗岩の風化鉱床から採掘されたものである。花崗岩が地上に露出し風雨にさらされる間に、微量のレアアースが流れ出る。これが粘土鉱物に吸着して濃集したものを、鉱床として採掘する。
8.こうした主要産地は海外に偏るが、日本にも隠れた「産地」がある。大最に廃棄される使用済みの家電製品の中にレアメタルが潜んでいる。天然の鉱床ではなく都市にあるので、「都市鉱山」という言葉が1980年代から使われるようになった。もし廃棄される家電製品からレアメタルを効率よくリサイクルできれば、日本は金、銀、インジウム、タンタルなどの豊富な「資源大国」となる可能性を秘めている。
9.日本の都市鉱山に存在する金は、世界の埋蔵量の16%にあたる6800トン、銀は22%にあたる6万トンと推計されている。都市鉱山から希少金属を回収して安定供給を確保する戦略は、資源小国である日本の生き残りにもつながる。


yuji5327 at 06:47 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
・土曜会(グループ展)
 作品展を毎年10月開催
(於:銀座大黒屋)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(現在理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード