2020年06月19日

5月に人って状況は変わった。コロナ禍のピークが過ぎたとされる中国市場で、孫正義・SBG会長兼社長のビジヨン・ファンド2が新規の投資活動をそろりと再開した格好である。


「村井令二(ダイヤモンド編集部)著:ソフトバンク孫正義氏のジレンマ 週刊ダイヤモンド 2020.06.20」は参考になる。概要を自分なりに纏めると以下のようになる。
1.5月29日、中国の配車サービス大手の滴滴出行(DiDi)は自動運転技術を開発する傘下企業が約540億円の外部資金を初めて調達したと発表した。ソフトバンク・ビジョン・ファンド2が主導したこの資金調達は、中国の自動運転分野で最大規模のものである。こうした声明が出されたことにより、コロナショックで巨額赤字を計上したばかりのソフトバンクグループ〔SBG)の水面下の動向が明らかになった。
2.ビジョン・ファンド2とは、10兆円視模で先端テクノロジーのスタートアップ企業に投資するソフトバンク・ビジョン・ファンド1に代わって、2019年10〜12月期から新たに運用を開始した2号ファンドを指す。だが、1の成績不振で2には外部投資家の資金が集まっていないため、SBGの自己資金のみで投資活動を行っているのが実態で、投資規模は3月末で約2000億円にとどまつている。20年1〜2月にかけて、人工肉培養会社の米メンフィス・ミーツ、オンライン薬局の米アルト・ファーマシー、医療診断サービスの米カリウス、人工知能(AI)による従業員監視ソフトを乎掛ける英ビハボックスなど数社に投資したが、3月に入ると、新型コロナウイルスの感染拡大で金融市場が混乱したため、新たな投資は凍結されていた。
3.5月に人って状況は変わった。コロナ禍のピークが過ぎたとされる中国市場で、孫正義・SBG会長兼社長のビジヨン・ファンド2が新規の投資活動をそろりと再開した格好である。孫氏にとってDiDi傘下の自動運転会社への投資は重要な意味を持っている。SBGによるDiDiへの累計投資額は約1・2兆円。ビジヨン・ファンドのポートフォリオの中では、米ウーバー・テクノロジーズの累計投資額の約8300億円、米シェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンバニーの約1・1兆円を超える最大の投資先である。そんな需要パートナーであるDiDiの自動運転部門が分社化したのは19年8月だった。SBGはその頃から出資交渉を始めていた。その後、コロナショックが発生したことで、その交渉は予定より長引いたものの、破談になることなく成就した。
4.孫氏の自動運転に対する戦略は明快である。すでにビジヨン・ファンド1は、ウーバ1子会社のアドバンスト・テクノロジー・グループ〔ATG〕や、米ゼネラルモーターズ傘下のクルーズなど複数の自動運転技術の開発会社に投資しているが、これに中国DiDiの開発会社を加えることで、米中双方の技術を囲い込む、まさに孫氏流の総取り戦略を実践する投資になった。 
5.一方で、世界の自動運転技術をリードする米アルファベット(グーグルの持ち株会社〕傘下のウェイモは、3月には約2400億円もの資金を調達している。コロナ禍の中にあっても巨額投資を持続するグーグル陣営は強力なライバルである。また、DiDiと同じ中国勢では、スタートアップのポニー・エーアイ、検索大手のバイドゥ、アリババ集団などが出資するオートXらが競合で、しのぎを削っている。
6.これに対抗する孫氏陣営のウーバーは、配車サービス事業が不調で、子会社のATGを含めて6700人規模の人員削減の真っ最中で苦境にあえいでいる。さらに、ビジョン・ファンド全体でも巨額赤字を計上したばかりの厳しいタイミングである。それでも孫氏は投資を決断した。
7.コロナ禍で世界経済は危機にひんしているが、次世代技術の開発競争は容赦なく続いている。それに真っ向勝負を挑んだ孫氏は、一見すると強気の姿勢を取り戻したかに思えるが、孫氏はジレンマに陥っている。競争に後れを取らないためにも新分野への投資は避けられないが、ビジョン・ファンド2に外部資金が集まらない。そうした中で、巨額投資の体力競争に巻き込まれては、SBG本体の体力がすり減ってしまうことになる。



yuji5327 at 07:10 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード