2020年08月01日

第2次世界大戦で最も多くの犠牲を出したのはソ連だった。これがトラウマとなり、国境の向こう側に緩衝地帯がないと不安で仕方がない。ロシアになったいまも続いている。


「池上彰著:知らないと恥をかく世界の大問題11、、KADOKAWA 2020.6.103」
は参考になる。「第1章 トランプ再選はあるのか? アメリカのいま」の概要の印象に残った部分の概要の続きを自分なりに補足して自分のコメントもカッコ内に付記して纏めると以下のようになる。
1.トランプ政権は2020年秋の大統領選挙を控え、2月29日、アフガニスタンのタリバンとの間で「和平合意」を結んだ。トランプ大統領は、2016年の大統領選挙中、「自分が当選したらアフガニスタンから軍隊を撤退させる」という公約を掲げていたので、その公約を守った。
2.アメリカという国は過去にスペインとの「米西戦争」でフィリピンを奪い植民地にしたり、スベでンの植民地だったキューバを独立させたり、あるいはメキシコとの「米墨戦争」でメキシコの領地だったカリフオルニアやニューメキシコを奪ったり、その後も第1次世界大戦、第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争など、さまざまな戦争をしてきた、とはいえ18年間におよぶ長い戦争はアフガニスタンが初めてである。それほどタリバンに手を焼いているということである。
3.タリバンとは、2001年10月、アメリカはアフガニスタンに介入することで泥沼の戦争に引きずり込まれたが、そもそものきっかけはソ連のアフガニスタン侵攻だった。振り返ると、1979年12月25日、ソ連軍がアフガニスタンに侵攻する。当時ソ連は15の共和国がいっしょになってひとつの連邦国家をつくっていた、しかし「共和国」とは名ばかりで、ソ連共産党が支配する巨大な帝国だった。当時のソ連はアフガニスタンと国境を接していた。
4.現在アフガニスタンの北側を見るとタジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンという国々があるが、当時はそれぞれ「ウズベク共和国」などという、ソ連の一部だった。ソ連は第2次世界大戦でドイツの侵略を受け2700万人が犠牲になったといわれている。女性も多く戦死している。対ドイツ戦では100万人を超える女性が従軍。2015年ノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの「戦争は女の顔をしていない」は、看護師としてだけでなく兵上として銃を手に戦った女性たちの告白である。
5.第2次世界大戦で最も多くの犠牲を出したのはソ連だった。これがトラウマとなり、国境の向こう側に緩衝地帯がないと不安で仕方がない。それはソ連が崩壊し、ロシアになったいまも続いている。当時のアフガニスタンという国は、ソ連と敵対する国でも仲のよい国でも、どちらですきもなかった。しかし、国王が病気療養のためにイタリアへ行っている隙を狙って、国王の甥がクーデターを起こした。その後、「クーデターをやれば政権をとれるんだ」と、次々にクーデターが起きる。ソ連としては隣国の状況が心配になり、自分寄りの国をつくるため軍事介入をするようになった。
6.こうして平和なイスラム教の国だったアフガニスタンが、大変な混乱に巻き込まれていく。ソ連は社会主義国家。宗教を否定する立場をとっている。イスラム教徒の国に無神論者が攻め込んだとなると、戦うのはイスラム教徒の義務「ジハード」である。アフガニスタンの若者たちはムジャヒディン(イスラム聖戦士)を名乗って戦い、アラブ諸国からも多くの義勇兵が応援にやってきて参戦し、内戦になっていった。ここに目を付けたのがアメリカである。「アフガニスタンをソ連にとってのベトナムにしてやれ」とムジャヒヂィンに大量の資金と武器を与える。
7.ベトナム戦争中、アメリカ軍は、ソ連の支援を受けた南ベトナム解放民族戦線に手を焼き、ベトナムから追い出されている。今度はその逆をやってやろうとした。、1979年の翌年といえばモスクワオリンピックである。当時のアメリカのカーター大統領は、ソ連で行われるモスクワオリンピックをボイコットしようと世界に呼びかけた。ソ連がアフガニスタンに侵攻したからである。日本はアメリカに従った。



yuji5327 at 06:50 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード