2020年08月05日

イギリスはEUとの間で新たに関税ルールを決める。移行期間中(2020年12月末まで)はこれまでの関税ルールが適用されるが、2021年からは対象外である。


「池上彰著:知らないと恥をかく世界の大問題11、KADOKAWA 2020.6.103」
は参考になる。「第2章 イギリスEU離脱、欧州の分断と巻き返し? 」の印象に残った部分の概要の続きを自分なりに補足して自分のコメントもカッコ内に付記して纏めると以下のようになる。
1.2019年12月、イギリスで総選挙が行われ、EU離脱を掲げる保守党が勝利した。これにより2020年1月末、イギリスが47年間加盟していたEUから正式に離脱することが決定。1月31口午後11時、ついにEUから離脱しました。2020年12月末までは完全離脱の準備をするための「移行期間」に入る。直ちに変わることはないが、ポリス・ジョンソン首相は「これは終わりではなく始まりだ」と述べた。
2.イギリスが抜けたことでEU加盟国は27力国となった。そもそもイギリスはなぜEUを出たかったのか。最大の理由は「労働移民」の問題である。EUは域内自由移動の原則に基づき自由に行き来できる。移り住んで仕事をするのも自由である。東西冷戦が終わり2000年代に入ると、東ヨーロッパから多くの「労働移民」がやってきた。イギリスのほうが稼げるからである。もともとイギリスで働いていた低所得層の労働者にしてみれば、自分たちの仕事を賃金が安くても文句を言わずに働く労働移民に奪われてしまう。またそうした移民が、イギリスの充実した社会保障や医療などにタダ乗りしていることへの反発もあった。
3.第2に、選挙で選ばれていない欧州委員会の役人に細かいルールを押し付けられることへの不満があった。「曲がったバナナは売ってはいけない」など、EUのルールには首をかしげたくなるようなものがある。「自分たちのことは自分たちで決めたい」と、急激に反EU感情が高まっていった。イギリスがEUから離脱すればこのルールに従わなくていいので、移民や難民を受け入れるかどうかをはじめ、他国とのFTA(自由貿易協定)やTPP(環太平洋経済連携協定)などの通商協定も自由に結べる。多額の加盟国分担金(GDPに応じて決まる)を支払う必要もない。
4.移行期間が終了すれば、イギリスはEUの法律に縛られず税率の変更も可能になる。。さっそくイギリスは「女性の生理用品の付加価値税を廃止する」と発表した。イギリスには経済的な理由で生理用品を買えない女性もいる。よいことばかりではない。「残留派」の多くが心配していたのは経済への打撃である。イギリスはEUの関税同盟に入っていたので、EU各国から食料品をはじめ多くの品物が無関税かつ無検疫で輸入できる。離脱すれば国境での関税・検疫チェックが必要になる。これに対応するため、フランスはいま税関の職員を大量に増やしている。
5.日本とEUは、2018年に日本・EU経済連携協定(EPA)を締結している。相互に貿易品目の9割超の関税を撤廃し、通関手続きなどを簡素化した。これによってヨーロッパ産のワインやチーズなどが値下がりしている。このように日本はEUとは関税ルールを決めているが、EUから離脱したイギリスとの間では何も決めていない。これまでどおり自由に貿易をするには再びイギリスとの間で新たな通商交渉をしなければならない。
6.イギリスはEUとの間でも新たに関税ルールを決めることになる。移行期間中(2020年12月末まで)はこれまでの関税ルールが適用されるが、2021年からは対象外である。通常は数年かかる交渉が、1年足らずで合意できるか疑問である。ジョンソン首相の次なるハードルは、EUとの通商交渉である。EU側はそう簡単には譲らない。2020年12月31日までに合意できなければ「合意なき離脱」の状態になる。もう後戻りはできない。



yuji5327 at 06:54 
共通テーマ 
池上技術士事務所の紹介
261-0012
千葉市美浜区
磯辺6丁目1-8-204

池上技術士事務所(代表:池上雄二)の事業内容
以下のテーマの技術コンサルタント
1.公害問題、生活環境、地球環境
2.省エネ・新エネ機器導入
のテーマについて、
・技術コンサルタント
・調査報告書の作成
・アンケート調査・分析
・技術翻訳、特許調査
を承ります。
有償、無償を問わず
お気軽に下記にメールをください。
ke8y-ikgm@asahi-net.or.jp

工学博士、技術士(応用理学)、
公害防止主任管理者、
騒音防止管理者の資格で
お役に立ちたいと思います。

池上湖心 プロフィール
○略歴
大東文化大卒、
在学中 上條信山に師事
書象会に所属、書象会理事
審査会々員
○作品展の開催
・主宰している「さざ波会」
 作品展を毎年8月開催
(於:稲毛ギャラリー)
○公募展の受賞、入選
・日展入選
・読売書法展(現在理事)
 読売奨励賞
 読売新聞社賞
・謙慎展(常務理事)
 青山賞、春興賞の受賞:2回
○書道教室
・学生:月曜日
・一般:火曜日、水曜日





地域別アクセス

ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール

yuji5327

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード